お問い合わせ

TEL: 06-6969-8888

FAX: 06-6969-8884

E-mail: info@jc-yoshikawa.jp

営業時間

9:00 ~ 17:30 (平日)

定休日:土日、祝日

(※緊急要件は随時対応致します)

中国市場マーケティングリサーチ

 

  中国の変化は速いが、その流れをいち早くつかみ、先手を打って戦略を推進していくことがビジネスを成功させる上でのポイントとなるでしょう。経済成長に伴う富裕層の増加を背景に、中国市場に「クオリティー(優れた品質)」、「セーフティ(安全・安心)」、「エコロジー(環境にやさしいい)」を求める新たな流れが顕在化しつつあります。こうした流れは、日本企業にとっては大きなチャンスでもあります。一方、中国政府の政策も相まって中国の賃金上昇が続くことは不可避とみられ、低廉な労働力が豊富に調達できるという中国の生産拠点としての優位性は急速に低下しつつあり、「自動化・省力化」も求められています。

 

  当社では主に以下のような中国市場調査を承っております。

 

1. 企業信用調査

 初めてのお取引を行う上で、必要不可欠なのは企業信用調査でしょう。特に、中国企業とのお取引では、さらにその重要性が高くなります。取引先の信頼度、経営状況の過去の実績と現在の状況などの情報は、中国でのビジネス展開のリスクを最小限に抑えることを可能とします。当社の強みである中国行政機構との人的ネットワークを生かし、それに、独自の方法での取材、アンケートなども利用して、もっとも実情に沿った調査を実施いたします。もちろん日本語レポートで提供いたします。

 

2. 市場調査

 中国マクロ環境から進出しようとする業種のミクロ環境、競合メーカーの市場シェア、価格調査、部品調達コスト等、細部にわたり調査が可能です。調査依頼項目に合わせて、短期間でお見積り致します。

  

3. 法律調査

 中国取引を開始するには、最初のリスク管理が非常に重要です。

対中事業展開の中で、多くのビジネス紛争が生じています。ビジネス紛争を未然に防止するためには、中国法、中国企業との契約のあり方についての理解が不可欠です。近時、中国における経済環境の変化は激しく、中国市場における製品の販売・サービスの提供などの事業展開についても、知的財産法をはじめ、競争法、通商法、製造物責任法など各種法令が関連し、法的対応は複雑・多様化しています。また、中国政府は近年会社法、税の徴収に厳格になってきていて、外国企業に対しての今までの優遇措置も徐々に削減してきています。毎月のように通達される法規、行政指導を理解しておく必要があります。

 

その他ニーズに合わせて、調査依頼をお受け致します。ご要望ごとにお見積り致します

  

日中貿易額の推移 (1991年~2010年)

(単位:千ドル、%) 

輸出額

伸び率

輸入額

伸び率

総 額

伸び率

貿易収支

1991

8,593,143

40.2

14,215,837

17.9

22,808,980

25.4

▲5,622,694

1992

11,949,063

39.1

16,952,841

19.3

28,901,904

26.7

▲5,003,771

1993

17,273,051

44.6

20,564,766

21.3

37,837,816

30.9

▲3,291,699

1994

18,681,576

8.2

27,566,049

34.0

46,247,625

22.2

▲8,884,444

1995

21,930,845

17.4

35,922,311

30.3

57,853,157

25.1

▲13,991,466

1996

21,889,808

-0.2

40,550,035

12.9

62,439,843

7.9

▲18,660,227

1997

21,784,692

-0.5

42,066,036

3.7

63,850,728

2.3

▲20,281,344

1998

20,021,591

-8.1

36,895,859

-12.3

56,917,450

-10.9

▲16,874,268

1999

23,335,617

16.6

42,880,246

16.2

66,215,862

16.3

▲19,544,629

2000

30,427,526

30.4

55,303,372

29.0

85,730,890

29.5

▲24,875,846

2001

31,090,723

2.2

58,104,744

5.1

89,195,467

4.0

▲27,014,021

2002

39,865,578

28.2

61,691,604

6.2

101,557,182

13.9

▲21,826,026

2003

57,219,157

43.5

75,192,802

21.9

132,411,959

30.4

▲17,973,645

2004

73,818,019

29.0

94,227,211

25.3

168,045,230

26.9

▲20,409,192

2005

80,340,099

8.8

109,104,815

15.8

189,444,914

12.7

▲28,764,716

2006

92,851,689

15.6

118,516,332

8.6

211,368,021

11.6

▲25,664,643

2007

109,060,309

17.5

127,643,646

7.7

236,703,955

12.0

▲18,583,337

2008

124,035,383

13.7

142,337,115

11.5

266,372,498

12.5

▲18,301,732

2009

109,666,065

-11.6

122,515,503

-13.9

232,181,568

-12.8

▲12,849,438

2010

149,099,604

36.0

152,755,797

24.7

301,855,401

30.0

▲3,656,193


注1 19964月より財務省貿易統計が円建てのみの発表となったため、同年以降のドル建て貿易額は、財務省税関長公示レートを基にジェトロが独自に求めたものである。
注2 2010年輸出は確報値、輸入は速報値。2009年以前は確定値。
注3 伸び率は前年同期比
資料 財務省貿易統計よりジェトロ作成 

 

 

日中貿易の推移グラフ
 出所:財務省貿易統計より日本貿易振興機構が作成